FP技能検定とファイナンシャルプランナーは何が違うのでしょうか。 FP技能検定で合格した者をファイナンシャル・プランニング技士と呼びます。 ファイナンシャル・プランニング技士は、国家資格で、ファイナンシャルプランナー(日本FP協会というNPO法人もあり、25年の歴史があります)の事です。 ファイナンシャルプランナー(ユーキャンなど通信教育で学べる資格講座もたくさんあります)の資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)は、国家資格のファイナンシャル・プランニング技士と、民間資格のAFPとCFPがあります。 どちらの資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)も、ファイナンシャルプランナーとして通用する資格です。 でも、多少の違いもありますので、資格を取得するたまには、その特性や費用の違いなんかも比較して、自分に合った資格取得を目指すようにしたほうがよさそうです。 FP技能検定のほうは、一度資格取得をすると更新は無しですが、AFPとCFPは2年毎に更新があります。 AFPとCFPの更新は単位制になっていて、実務と学科の単位をAFPは15単位、CFPは30単位取得する必要があり、費用もかかります。 資格を取る事だけが目的であるのであれね、国家資格のFP技能検定のほうが更新が無いのでいいですよね。 しかし、仕事として活かしていくとなると、資格取得後も勉強をしなくては更新できない民間資格(取得するのに高額な費用が必要になることも多いので、取得の際には慎重に検討すべきでしょう)のAFPやCFPは、自分に勉強を課す上でも良いようにも思えますー